失敗しない家づくり 建築野郎のこだわり住宅

新築・中古住宅・マンションなど住まいを考えると土地・住宅・マンションやローンなど考えないといけないことがたくさん。設計事務所の立場から住まいに関する必要な知識を惜しみなく公開していきますので、参考にしてください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

土地探し 家づくりの始めの一歩

土地探し 家づくりの始めの一歩



家づくりなど住まいを決めるにあたり
始めに決めないといけないことが

土地探し!



土地探しといっても
色々な条件(メリット・デメリット)
があるため慎重に探していきたいですね。



土地を探すにあたり
始めに希望とする土地の条件を
書き出してみると後々、参考になりますよ。



家づくり(住まい選び)のための土地探しの
大きなポイントを

4つ

ピックアップしますね。



家づくりの土地探しだけでなく
マイホームのプランについても
まずは、バクッとでいいのでまとめてみてください!


そこから細かく!



家づくり 土地探しのポイント その1


希望とする土地の面積


土地の面積は、マイホームのプランが
決まらないと希望とする土地の面積は
見えてこないと思いますよね。


その通りなんですが
今まで住んできた家・現在住んでいる家
の大きさはどれくらいあるか
簡単でいいので測ってみてください。


そうすることで
希望とする家の大きさが見えてきますので
土地の大きさも、どのくらいの大きさがいいか
判断しやすくなりますよ!



その2

敷地の条件


近隣との段差
地盤の強度


近隣との段差により自然の光・風が
遮られてしまうことがあります。

工夫すれば問題はないのですが
プランを考える依頼先によっては
自然の光や風など全く考えずに
プランを進めることがありますので
方角・段差は確認しておいてくださいね!


地盤の強度

よく耳にする不同沈下

家を建ててからでは遅いので
敷地調査専門の会社に依頼して
データーをとってもらうことをお勧めします!



その3


土地をとりまく環境


近隣に住んでおられる人
上記にも書きました、日当たり・風通し

など



その4

利便性

住まいを考えると利便性は外せないですよね。

近くに駅や病院・スーパーなど
生活する上で必要な施設があるか
要チェックです!



家づくり(住まい選び)のための土地探しを
大きく4つ上げました。


細かく検討していかないといけないことは
色々ありますがまずは、大きく!


そこから、じょじょに
現実のものしていきましょう!



土地に関すること・家づくりについて
考えてないといけないとことを
掘り下げてまとめていきますので
参考にしてください!



建築野郎のプロフィール
プロフィール


ご質問などございましたら
お気軽にメールください!

連絡先
oasismel7@yahoo.co.jp



トップページに戻る
一戸建てこだわり住宅 建築野郎の失敗しない家造り
スポンサーサイト
その他 | TB(-) | CM(0)

住宅を建てる 契約について

契約について



≪ 設計事務所 →→→ クライアント ≫


契約は、

1 設計契約(仮契約)

2 工事請負契約


の2つあります。



1 は、クライアントと設計事務所又は
  ハウスメーカーとの
  間で交わされる契約のことです。


2 はクライアントと施工会社との
  間で交わされる契約のことです。



大きく契約の流れを書きますね。



1 設計契約(仮契約)

設計事務所・ハウスメーカーを選んだ時点で
まず設計契約(仮契約)を結びます。




2 次に設計図書の作成

これまでの打合せに基づいて、
仕様書や仕上表、各種図面を作成。

マイホームを建てるための必要な図面・
書式を作成。
(仕様書や仕上表、各種図面)





3 見積書の作成

作成した設計図書を基に、見積書の作成。

設計事務所が施工会社に設計図書を持って行き
見積りをしてもらいます。

できた見積書をクライアントに提出。




4 予算オーバー等による設計変更

提出してもらった見積が予算内に納まっていれば、
そのまま契約となりますが、オーバーしている場合は、
予算に納まるように設計変更します。




5 再見積書の作成

設計変更した内容で再度見積を提出してもらい、
予算内なら契約。

オーバーしている場合は、再度設計変更します。

ちなみに、本契約に行くまでに1年と半年かかった
時があります。(笑)

再見積りの依頼は遠慮する必要はないですよ!

契約は自分のペースで!



6 本契約

工事請負契約




一番最初の設計契約で、悩む方が多いと
思います。



もう既に契約を考えている設計事務所が
決まっていれば特に問題はないのでしょうが

まだ決まっていない場合

色々と迷ってしまうことが多いと思います。



特に、初めてマイホームを建てる方。



建売形式の物件を見に行って決めるほうが
基準となるものが出来上がっていますので
決めやすいでしょう。


しかし1から、家づくりとなると基準となる
ものが、分かりにくいですよね。

家のこと以外にも、設計される方と
色々と話してみてください。

コミュニケーションは、色々と見えて
きますよ!


トップページに戻る
建築野郎のこだわり空間│住宅 マンション レストラン

景気回復? 街角調査!

景気回復!?


内閣府は8日、6月の景気ウオッチャー調査を発表した。

3カ月前と比べた街角の景況感を示す現状判断DI(指数)は
前月比5.5ポイント上昇の42.2と6カ月連続で改善した。

家計、企業、雇用関連すべてのDIが大幅に改善し、
景気後退局面入りした2007年11月(38.8)を上回る水準に回復した。

総合判断は前月の「悪化に歯止めがかかりつつある」から
「下げ止まっている」に5カ月連続で上方修正された。


 家計動向関連は5.2ポイント改善し、42.4に上昇した。

省エネ家電購入で付与されるエコポイント制度やエコカー購入補助などの
景気対策効果を指摘する小売店が目立った。

企業動向関連は受注や出荷の下げ止まりの動きが
自動車関連以外にも広がり、5.8ポイント上昇の42.9となった。


雇用関連は7.6ポイント上昇の39.9。新規求人数などは
依然として少ないが、これ以上悪化するとの見方が
減少したため、指数が改善した。


このまま、回復していけばいいですね!!


引用元
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000119-jij-pol

仕事のスピードを上げる秘訣

先日、取引先の店長さんと話をしていた時のこと。

店長さん
『最近の若い子は話を聞くってことをどう思っているのやら』


『どういう事ですか?』


店長さん

『この前部下に話をしたのですが、パソコンをしながら聞いているんですよ!』

2つ以上のことを同時にする。
時間の有効活用の観点で言えば悪いことでは
ありませんよね。

しかし、人と話をしているときは別です。

特に、姿勢。

誰でも、経験はあると思います。



話をしているときに

携帯をいじったり、
資料を見たり


いい印象は受けませんよね。

それが、大事な話なら、ミスを犯してしまうかもしれません。



時間短縮のためと思いながらなんでしょうが、結果
時間短縮よりロスのほうが大きくなってしまう。


しっかり、話を聞いてくれる人に対しては、忙しくても
なんとか手伝ってあげようという心理が生まれてきます。



何かをしながら話を聞いている人に対してはその気に
なれない。


話を聞きながら何か別のことをしているときは、時間短縮
にはなるでしょうが、長い目で見た時それがアダとなる
ことが多いです。


これって経験ありますよね。


人の話を聞く姿勢は、大切です。


慣れている仲同士であってもです!


仕事を進めるスピードを早くするには、基本的なことも
目配りする必要があるのですね!

目標の数字を明確にしビジネススキルアップ

仕事で優秀な人は、同じことをしている。


色々な方とお会いしていくごとに妙に関連している
ことに気付きました。

それは、具体的な数字を頭においていることです。


しかも、その方たちは皆優秀な人たちばかり。

具体的な数字とは、打ち合わせ日や契約日・お金など。


この数字は、決まっていればすぐに答えることは
できますけど決まっていない時って考えてしまい
ますよね。

契約日についても、まだ打ち合わせ初期の段階なのに
「この日」というのが特定されている。


不思議ですよね!!!


で、聞いてみました。


なぜ、決まってもいない日にちを簡単に答える
ことができるのかを。


最初の頃は、すぐに答えることは出来なかったみたいです。


しかし、繰り返し頭の中で
「契約日をこの日にもっていくなら打ち合わせ日は?」
というシチュエーションを頭のなかで描いているごとに
まだ、決まっていない打ち合わせ日やお金の数字を
具体的に即答できるようになったと。

だいたい、月末頃・来週末頃ではなく

「29日」

と特定の日を決めていきましょう!

それを繰り貸せば簡単に明確な数字を常にもつ
ことができます!!


あなたのの回りの優秀な方の話を聞いてみて
ください。
必ず、特定の日を頭に描いて仕事をしているはずです!!

資料 伝えることより見せる営業戦略

営業で大切なこと。


営業といえば、つい口でいいことばかりを言ってしまいがち
になります。


聞く側からしてら

「へ~」

で終わってしまうことが多いです。

そこで、どうしたらお客さんに

分かってもらえるか?
理解してもらえるか?
興味をもってもらえるか?


それは、目に見える実績を見せること!!


これ結構、価値があります。


ちょっと、やりすぎかな?

と思う資料でも案外、目に見える簡単なグラフなど
を見せれば興味をもってもらえます。


こんな、簡単な方法で興味をもってもらえるなら
使わないてはないでしょ!!!

営業センスは後天的に学ぶスキル

ビジネススキル


営業や接客などビジネスには色々とセンスが必要にです。

このセンスについて、今日は話していきたいとおもいます。

私の知りあいで、口から生まれたのかと思うくらい
営業センスに恵まれた人がいます。

私は、彼に

「Iさんは、話すのがうまいのですが、生まれつきなのですか?」

と質問したことがあります。


すると彼から、かえってきた答えが

「いや~、最初は苦労しましたよ!」

と。

彼にも、全く話すセンスがなかった時代があると知った時は
本当に以外でした。

センスというのは、生まれ持ったものではないのですね。

センスとは後天的に学ぶスキル!!


いくらでも、センスというものは身に着けることができるのですね。
カレンダー
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。