失敗しない家づくり 建築野郎のこだわり住宅

新築・中古住宅・マンションなど住まいを考えると土地・住宅・マンションやローンなど考えないといけないことがたくさん。設計事務所の立場から住まいに関する必要な知識を惜しみなく公開していきますので、参考にしてください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リビング・ダイニングから間取りを考える

失敗しない家づくりのため
間取り
は大変重要です。


間取りで一番最初に考えていきたいことが
家族みんながそろう場。

思いつきますよね。


リビング・ダイニング!


間取りを決めるにあたり
どの部屋も
見晴らしや風通しがよく、太陽の光が取り込める
ことができればいいのですが
方位や周りの環境から
このような希望は、なかなか叶えることができません。


そこで、
間取りを考える時は
周りの環境や日照・通風から
各部屋の優先順位をつけるといいですよ



建築家やハウスメーカーにプランニングを
依頼する場合は、要望を伝えればいいのですが
自分達で間取りを決めるならば
優先順位をつけておくと
プランニング・家族会議でまとめやすくなります。


各部屋に優先順位をつけるならば
多くのかたが
一番にリビング・ダイニングがくると思います。


家族みんながそろい
食事をしたり、くつろいだりする部屋は
日照・通風などの条件が一番の良いところ。


条件が一番、整ったところに
ダイニング・リビングをもってくることは
失敗しない家づくりの基本です!


それと、主婦の方が多くの時間を過ごす
キッチン。

できれば、オープン型にし
ダイニング・リビングとつなげる形がベスト!



優先順位と一緒に考えていきたいのが
生活スタイル!


生活スタイルは、現状の生活をもとに
新しく住む家では、どのような生活スタイルがいいか
を考えるといいですよ。



失敗しない家をつくるため
必ず、敷地の方位はおさえておくようにしましょう。


方位をそっちのけで、プランを考えると
また一から出直しとなり
時間のロスになってしまいます。

プランで気付けばいいのですが
出来上がったあとで気付いてしまっては
もう取り返しはつきません。


間取りに優先順位を付けることも大切ですが
方位も忘れないように!




■ 関連記事


マイホーム計画に欠かせない動線計画

家づくりのプランニングは全体から細部を考える

理想の住まいは、イメージづくりが大切

失敗しないマイホーム 通風と採光


トップページに戻る
一戸建てこだわり住宅 建築野郎の失敗しない家造り
スポンサーサイト

マイホーム計画に欠かせない動線計画

マイホーム計画に欠かせない動線計画


動線計画はマイホームづくりに欠かせないもの。


動線計画は、生活スタイルによって
違ってきますが
基本とする考え方は
目的の場所に、すんなり行くことができる
ことです。


動線を計画する時
ほとんどの方が、使いやすさ
だけを考えます。


確かに、使いやすさについての
動線計画も大切ですが

個人の場であるプライベートと
住まいの中心となるパブリックとの
動線計画も大切です。


例えば、朝起きて

顔を洗いに行きたい

と思っても生活の中心の場である
パブリックスペース(居間等)
を通らなければ
洗面所に行けず、顔も洗えない
となれば、大変です。


上記のようにならないためにも
プライベートとパブリックの動線計画は
しっかりと見直しておきましょう!



また、動線計画で大切なことは
廊下など人と人とが
同時に行き来できる幅について。

よく複数の人が
行ったり来たりするところは少し広めに。


目安となるものが分かれば
プランしやすいと思いますので
ここで紹介しますね。


人が正面を向いて通る時
約60センチ

2人が正面を向いて通る時
約120センチ

人が、横を向いて通る時
約50センチ

(上記の寸法は、大人の場合です。)


動線計画で後で

しまった

と思わないように、生活スタイルをもとに
プランを見直すようにしてください。



■ 関連記事


家づくりのプランニングは全体から細部を考える

理想の住まいは、イメージづくりが大切

失敗しないマイホーム 通風と採光


トップページに戻る
一戸建てこだわり住宅 建築野郎の失敗しない家造り

家づくりのプランニングは全体から細部を考える

プランをする時
細部から考える方がいらっしゃいます。


細部から考えてもいいのですが

「家の全体」

を確認しにくい分
関連性の部屋がばらばらになり
動線計画に無理が出てしまうことが
よくあります。


こだわる場合は、上記のように
細部からでもかまいませんが
普通に生活したいのであれば
全体から細部を考えるようにしましょう。


そうすることで、関連性のある部屋を
把握しやすくなり
動線計画に無理がなくなります。



プランする時の注意点


人によって、生活スタイルが違ってきますので
関連性のある部屋は違ってきます。

例えば
LDKと浴室は、くっつけたい
という人もいれば
浴室は、LDKと離して設けたい
という人もいます。


生活スタイルによって
関連性のある部屋は違ってきますので

人の意見を聞いたり
モデルハウスからの情報

をそのままプランに反映するのではなく
自分達の生活スタイルはどうなのか
を確認しながら計画をするようにしてくださいね。



細部を考える前に
全体を見て
部屋と部屋とのつながりについて
考えることで
快適に過ごせる家をつくることができますよ。



■ 関連記事


理想の住まいは、イメージづくりが大切

失敗しないマイホーム 通風と採光


トップページに戻る
一戸建てこだわり住宅 建築野郎の失敗しない家造り

理想の住まいは、イメージづくりが大切

マイホームを建てるため
大切なことが、住まいのイメージづくり


恐らく、ほとんどの方が最初の家づくりだと思います。

ですので、イメージづくりと言われても
なかなかできることではありません。



そこで、イメージづくりで最も
ヒントにつながりやすいのが

現在、住んでいるところの不満
又は
気に入っているところ。


例えば
収納が少ない。
キッチンが狭くて作業しにくい
など。


不満なところや気に入っているところを
ピックアップし
次の住まいは、どんな暮らし方をしたいか
を書き出してみます。


料理が好きな場合、キッチンを大きく
オープンタイプにしたり
ご主人が家で仕事することが多いため
書斎を設けるなど。


そうすることで、住まいのイメージが
固まりやすくなります。


住まいのイメージをあらかじめ作っておくことで

工務店
ハウスメーカー
建築家

など、家づくりをどこに依頼したらいいのかが
決めやすくなりますよ。


土地によって、住まいの使い方が
変わってきますが
基本とする生活スタイルをしっかりまとめておくと
後々、決めやすくなります。



■ 関連記事


失敗しないマイホーム 通風と採光


トップページに戻る
一戸建てこだわり住宅 建築野郎の失敗しない家造り
カレンダー
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。