失敗しない家づくり 建築野郎のこだわり住宅

新築・中古住宅・マンションなど住まいを考えると土地・住宅・マンションやローンなど考えないといけないことがたくさん。設計事務所の立場から住まいに関する必要な知識を惜しみなく公開していきますので、参考にしてください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

住宅の広さを決める建ペイ率と容積率

住宅の広さを決める建ペイ率と容積率


ご存知の方はあまり多くはないと思います

「用途地域」

この用途地域は住宅と大型スーパーやパチンコ店が
混在しないよう都市計画法で定められています。


住宅を建てる場合

第1・2種低層住居専用地域
第1・2種住居地域

の用途地域がほとんど。


住宅の計画地がどの用途地域に属しているのか
詳しく知りたい方は、市役所に行くと教えてくれますよ。


建ペイ率を容積率は、各用途地域によって
その割合が定められています。


用途地域によって定められた建ペイ率・容積率を
超えないよう住宅の大きさを決めていかなければいけません。



建ペイ率と容積率の求め方


建ペイ率(%)

建築面積/敷地面積


容積率(%)

延床面積/敷地面積

延床面積:1階・2階の床面積を足した床面積。



建築面積と延床面積について少し詳しく書きますね。


初めて見る方は、難しいと思いますので
理解したいと思う方はメールをください!



建築面積

建坪と言えば分かる方が多いかと思います。


建築面積は外壁の中心線・柱の中心線で
囲まれた部分。

この建築面積に含まれない部分があります。

それは
外壁から出寸法が1メートル未満の庇やバルコニー
柱・壁のない屋外階段
などは原則として含まれません。



延床面積

各階の床面積を合計した面積。


延床面積に含まれない面積。

吹き抜け部
一定面積の小屋裏収納。

などは、ふくまれません。


他にも、建築面積や延床面積に含まれない
面積がありますので
詳しく知りたい方は、専門家に聞いたり
私にメールでもいいのでご連絡いただきましたら
お伝えしますよ。


計画している敷地にどれだけの大きさの住宅を
建てる事ができるのか、自分達で確認しておきたい方は
まずは、市役所に行き用途地域を調べるようにしてください。



トップページに戻る
一戸建てこだわり住宅 建築野郎の失敗しない家造り
スポンサーサイト
カレンダー
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。