失敗しない家づくり 建築野郎のこだわり住宅

新築・中古住宅・マンションなど住まいを考えると土地・住宅・マンションやローンなど考えないといけないことがたくさん。設計事務所の立場から住まいに関する必要な知識を惜しみなく公開していきますので、参考にしてください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

こだわり住宅を建てる流れ 2

概算見積もり



≪ 設計事務所 →→→ 建設会社 ≫


見積り用に設計図面を建設会社に提出



ハウスメーカーの場合ですと
あらかじめ、各会社で用意されている
見積もり作成のための手引きみたいなもの
があるので、図面を手引きに当てはめて
いくとすぐに見積もり書ができるみたいです。



設計事務所の場合は、まず建設会社を探します。

その為に、建設会社の会社概要の取り寄せし
気になる会社に概算用見積もり図面を提出し
見積もりをしてもらいます。



だいたいの目安なのですが
概算見積りと精算見積りとの
誤差は10%~15%くらいです。




≪ 設計事務所 →→→ クライアント ≫


できた概算見積書をクライアントに確認。




≪ 設計事務所 ≫


金額に合意されましたら、確認申請の
作成開始!

確認申請の作成の時に、計画地の地盤調査
をします。

地盤調査の結果、地盤が弱い場合は
杭で又は地盤改良によって
家を建てても大丈夫な状態に
する必要があります。




≪ 設計事務所 →→→ クライアント ≫


確認申請提出前にクライアントに
確認申請書を確認。

住所・氏名・土地に関すること・
住宅に関すること・図面など。


専門用語など初めて見るような言葉が
多く含まれていますので
何か気になる点や疑問に思ったことは
必ず質問してくださいね!




≪ 設計事務所 ≫


確認申請提出。




≪ 設計事務所 ← → クライアント ≫


確認申請の許可が下りるまでの間を
利用してクライアントと
ショールーム見学!!


キッチン・トイレ・浴槽をチェック!



また、各部屋・外壁などの素材・色の確認。

設計事務所側(ハウスメーカー)の人が
サンプルを持ってきてくれます。

大きさは、だいたいA4サイズ。



確認申請の許可が下りましたら
精算図面提出の準備!




関連記事


こだわり住宅を建てる流れ 1



トップページに戻る
建築野郎のこだわり空間│住宅 マンション レストラン

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。