失敗しない家づくり 建築野郎のこだわり住宅

新築・中古住宅・マンションなど住まいを考えると土地・住宅・マンションやローンなど考えないといけないことがたくさん。設計事務所の立場から住まいに関する必要な知識を惜しみなく公開していきますので、参考にしてください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マイホーム計画に欠かせない動線計画

マイホーム計画に欠かせない動線計画


動線計画はマイホームづくりに欠かせないもの。


動線計画は、生活スタイルによって
違ってきますが
基本とする考え方は
目的の場所に、すんなり行くことができる
ことです。


動線を計画する時
ほとんどの方が、使いやすさ
だけを考えます。


確かに、使いやすさについての
動線計画も大切ですが

個人の場であるプライベートと
住まいの中心となるパブリックとの
動線計画も大切です。


例えば、朝起きて

顔を洗いに行きたい

と思っても生活の中心の場である
パブリックスペース(居間等)
を通らなければ
洗面所に行けず、顔も洗えない
となれば、大変です。


上記のようにならないためにも
プライベートとパブリックの動線計画は
しっかりと見直しておきましょう!



また、動線計画で大切なことは
廊下など人と人とが
同時に行き来できる幅について。

よく複数の人が
行ったり来たりするところは少し広めに。


目安となるものが分かれば
プランしやすいと思いますので
ここで紹介しますね。


人が正面を向いて通る時
約60センチ

2人が正面を向いて通る時
約120センチ

人が、横を向いて通る時
約50センチ

(上記の寸法は、大人の場合です。)


動線計画で後で

しまった

と思わないように、生活スタイルをもとに
プランを見直すようにしてください。



■ 関連記事


家づくりのプランニングは全体から細部を考える

理想の住まいは、イメージづくりが大切

失敗しないマイホーム 通風と採光


トップページに戻る
一戸建てこだわり住宅 建築野郎の失敗しない家造り
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。