失敗しない家づくり 建築野郎のこだわり住宅

新築・中古住宅・マンションなど住まいを考えると土地・住宅・マンションやローンなど考えないといけないことがたくさん。設計事務所の立場から住まいに関する必要な知識を惜しみなく公開していきますので、参考にしてください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

家づくりのため不動産屋で土地探し

家づくりで、考えなければいけないのが
土地探し。



土地探しのため不動産屋を訪ねる場合。



土地探しでは、不動産屋さんを頼ることが
多いと思います。


同じ土地を全ての不動産屋さんが
情報を共有しているかというと
そうではないんですね。


ですので土地を探す時は
1つの不動産に絞ってさがすのは、なく
いくつか当たってみるようにしましょう。


事業内容について


不動産の事業内容は、大きくわけて
2つあります。


なんとなく聞いたことがあると思います。

仲介



専属



仲介について

仲介では、不動産屋さん同士で土地の情報を
共有しています。


よく、見かける同じ看板の不動産屋さんが
仲介の不動産屋さんです。


仲介の不動産では

R不動産
であった土地・建物の情報が

K不動産
でも同じ土地・建物を扱っています。


土地の情報を共有しているため
良い物件は早いもの勝ちです。

もし、仲介の不動産屋さんで
あなた好みの土地を見つけた場合
先手を打つことをお勧めします。

先に手を打たれてはどうしようもないですからね。



一方の専属は

土地の売主から直に不動産屋が
請け負っている情報です。


1つに絞って土地を探すより、いくつか
当たってみたほうがいいのは
いい土地・建物を

専属

がキープしていることがあるからなんです。


一般的に公開されていないレアな土地の情報を
聞き出すことができるかもしれません!


また、専属の場合は、仲介に比べると
競争率は低いです。

理由は、専属の不動産しかしらない土地だからです。



マイホームは高価な買い物。

だけに妥協は、したくありませんよね。


土地探しで不動産屋さんを活用していくならば
絞らずに、いくつかあたってみることをお勧めします。



■ 関連記事


土地探し 家づくりの始めの一歩

変形した土地に一戸建て住宅を建てる



トップページに戻る
失敗しない家づくり 建築野郎のこだわり住宅
土地探し | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。